「着物を譲り受けたけれど着る機会がない」「着られないが処分するのはもったいない」という方は、「仕立替え」を行ってはいかがでしょうか?仕立替えならサイズを自分の体型に合わせたり、羽織やコートにリメイクすることも可能です。

着物の仕立替えとはどのようなものか、そして仕立替えをする際のポイントをご紹介します。和衣庵は着物のお仕立てやクリーニングを安い料金で承っております。

着物の仕立替えとは?

着物の生地

仕立替えとは、一度仕立てた衣服を解いて、もう一度仕立て直すことを指します。

洋服の場合は型紙に沿って生地を裁断していくため、一度仕立てると元の生地には戻せません。しかし着物は洋服と違い、使用しなかった部分を裁断せずに縫い込んでいるため、縫い糸を解くとまた反物に戻すことが可能です。

例えば、生地の傷みや汚れがひどい部分は、なるべく目立たない場所へ移すことができます。また、着物から別の形(羽織、コート、帯など)への仕立替えも行われます。
体型が変わっても、着る方の寸法に合わせて仕立替えをすれば長く着ることができますし、別の形にリメイクすることもできるのです。

着物を羽織やコートへ仕立替えする際のポイント

POINTの文字

着物を羽織やコートなどに仕立替えする際は、以下のポイントをチェックしておくことをおすすめします。

生地の強度をチェック

まず生地の強度を確認する必要があります。生地の端を縦や横に引っ張り、強度を確かめてみましょう。すぐに切れてしまう状態でしたら、強度不足で仕立替えできない場合があります。

生地の長さをチェック

丈を希望の長さにしたい場合、その長さに相応する生地が必要となります。生地が多少足りない場合も、仕立て方によって工夫することは可能です。残り布がある場合は、足し布にできる場合がありますのでご確認ください。

汚れや傷みをチェック

着物生地にシミや傷、汚れ、色ヤケなどがないか確認しておきましょう。各箇所に糸印をつけておくとわかりやすいです。古い着物は生地そのものが劣化している可能性がありますのでご注意ください。

着物の仕立替えは京都の和衣庵へ!安い料金で完全オーダー・高品質な仕上がり

仕立替えによって新しく蘇らせることができるのが、着物の素晴らしいところです。興味を持たれた方は、ぜひ一度仕立替えをお考えのお着物を見せてください。

京都の着物なんでも屋さん和衣庵では、着物を知り尽くしたプロが完全オーダーで最適な仕立替えの方法をご提案いたします。素晴らしい着物が多くの方に愛されるよう、気軽にご利用いただけるお安い料金設定となっております。クリーニングもお安い価格で行っておりますので衛生的にも安心です。ご不明な点がある方は、お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。

着物の仕立替えを依頼するなら

会社名 和衣庵(わごろもあん)
代表 臼井 亜希子
創業 平成21年9月
住所 〒615-0051 京都府京都市右京区西院安塚町24
TEL 075-323-2333
FAX 075-323-2339
E-mail info@wagoromoan.com
URL https://wagoromoan.com/
定休日 日曜・祝日(不定期で土曜日)
営業時間 10時から19時
駐車場 あり
最寄り駅

阪急西院駅から西に徒歩10分

京都市バス四条葛野大路下車 徒歩2分