{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

phone_in_talk電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

着物なんでもやさん 和衣庵
〒615-0051 京都市右京区西院安塚町24

着物の胴裏取り替えはお任せ!表地よりもシミができやすい?胴裏の交換について

大切な着物にシミをつけたくないと、着物で外出する際にはかなり気を遣うものです。しかし、どんなに気をつけていても、表地や胴裏が変色することはよくあります。

ここでは、胴裏の変色の原因について、また胴裏の交換をおすすめするケースについてご紹介いたします。胴裏取り替えをご希望の方は、ぜひ参考になさってください。

こんなところにシミがついている!着物の胴裏が変色しやすい原因

こんなところにシミがついている!着物の胴裏が変色しやすい原因

着物に慣れていない方ほど、汚してはいけないと外出時には慎重になるものです。帰宅後、表地にシミがついていないことを確認すると、ほっとするという方も多いでしょう。

着物は洋服のように頻繁に洗濯するものではなく、「1回着ただけだから大丈夫」と陰干し後にそのまま保管することも珍しくありません。場合によっては、次に着るのは数年後ということもあるでしょう。

後日着物で外出しようと箪笥から出してみると、表地は美しいままなのに、胴裏が黄ばんでいる、シミのようなものが多数できている、ということがあります。
「クリーニングに出していなかったから…」と後悔されるかもしれませんが、その汚れの原因は別のところにもあります。

胴裏は黄ばむのは汚れのせい?

着物が黄ばむ、変色するといえば、汗の汚れが上手く落ちていなかったからと思われがちですが、実は汗による汚れのせいだけではありません。
着物の胴裏が黄ばむ原因の多くは、酸化することによる黄変(おうへん)と呼ばれるものです。
実際、まだ一度も着ていないのに、長い間保管している間に茶色のシミだらけになっていたというケースもあります。

胴裏が黄変する原因

胴裏が黄変を起こす理由は、生地にあります。生地に含まれているタンパク質が湿気を吸うことで少しずつ酸化し、黄色からひどくなると濃い茶色になります。
特に以下のような条件の胴裏は黄変しやすいです。

シルク素材

シルクは、アミノ酸を含むタンパク質でできた天然繊維です。肌に優しく吸放湿性に優れますが、タンパク質を含む素材のため黄変しやすいです。

30年以上前のもの

着物は日々の生活にマッチするように、新たな素材や加工など、年々工夫が施されています。近年では胴裏の黄変を防止するための加工がされているものも増えましたが、30年以上前のものは黄変を防ぐ加工がほとんどされていません。

振袖や留袖の胴裏

振袖は成人式のみ、冠婚葬祭用の留袖は最近ではあまり着ないという方も多いでしょう。その分、長期での保管となり、黄変しやすくなります。

年代ものの花嫁衣装や振袖

親や祖母の代から伝わる花嫁衣装や振袖は、糊が使われているものが多く、糊によるシミや変色を起こしやすいです。

胴裏の黄ばみは漂白できません!

黄ばみやシミといえば、漂白剤を使えばOKと思われがちですが、それは表地のシミ抜きの場合です。胴裏は生地が薄く繊細なので、漂白すると生地が傷んで穴が開いてしまう危険性があります。黄ばみやシミが気になったら、胴裏取り替えを行うことをおすすめします。

胴裏の交換をしたほうがよいケース

胴裏の交換をしたほうがよいケース

胴裏の黄変は、生地そのものを傷めることになるため、着物専門のクリーニング店でも取り除くことはほぼできません。

そのため、以下の場合は、胴裏取り替えの依頼をおすすめします。

  • 袖裏(袖部分の裏地)に変色やシミがある
  • シミ、変色部分が複数箇所に広がっている
  • シミが濃い色になっている

黄変は、どれだけ洗濯してもあまり白くなりません。漂白をしても、繊維が傷むだけです。
狭い範囲なら裏地なのであまり気にならないかもしれませんが、上記のように広範囲になると、胴裏取り替えをしたほうがよいでしょう。

表地のシミ抜き・胴裏取り替えは京都の和衣庵へ

着物の表地はきれいなのに、胴裏に茶色いシミが広く点在していたり、ひどく黄ばんでいたりしていては気持ちよく着ることができません。そんなときは着物の仕立て専門店に胴裏の交換を依頼しましょう。

京都の和衣庵では、表地のシミ抜きや胴裏取り替えを承っております。高品質の仕上がりでありながら、お手頃価格で提供しております。胴裏取り替えをご希望の方は、和衣庵へぜひご依頼ください。

着物の胴裏取り替え・交換なら和衣庵

店舗名 着物なんでも屋さん 和衣庵
販売事業者名 株式会社舎那利
販売責任者名 臼井 亜希子
住所 〒615-0051 京都府京都市右京区西院安塚町24
電話番号 075-323-2333
FAX 075-323-2339
メール info@wagoromoan.com
営業時間 月ー土  10:00-19:00
定休日 日祝祭日
お店からのアクセス 阪急「西院」駅から徒歩10分 / 市バス「四条葛野大路」から徒歩1分
駐車場 有り
古物商営業許可 古物商許可番号 第611281530001号
URL https://wagoromoan.com/